なぜ「そこまでしたくない」と思ってしまうのか 2

男女差恋愛学78。男性の恋愛編。筆者は既婚男性。 

f:id:takatakijou:20190313163636p:plain

なぜ男性は「彼女が欲しいけどそこまでしたくない」「そこまでして彼女が欲しいと思わない」と思ってしまうのか。前回はプライドの問題について書きました。今回は生活満足度の問題についてです。

男性は生活満足度が高い

男女とも生活満足度が50を下回ると不満を感じるとします。

まず初期値は自己肯定感によります。恋人がいてもお金持ちでも、自己肯定感が低いと不幸に感じます。男性は平均60、女性は平均40ぐらいではないでしょうか。男性は謎のポジティブにより自己肯定感が高く、「自分は努力せず彼女ができる」「なんとかなるだろ」と思ってしまいます。女性がマイナス思考寄りなのは身を守るための初期設計です。

「恋人がいない(女性の場合は結婚していない)」のマイナスが男女で違います。女性は年齢分マイナスになります。30歳だと-30です。男性はその半分ぐらいです。結婚願望が強い女性が希望年齢までに結婚できていないとマイナスが加算されます。周りが次々結婚したりしてもそうです。

男性の場合は童貞コンプレックスで、マイナスが加算(人による)されますが、非童貞はそれが0になります。

その他のプラスの要素とマイナスの要素は人によって違います。趣味の充実が+10ぐらいの人もいれば+50行く人もいます。将来の不安が男性は-5で、女性は-30だったり。

これらを合算して、男性は50を下回って生活に不満を持つ人はあまりいません。独身女性はほとんど下回っています。0を下回る女性もいます。多くの男性は彼女がいなくても生活満足度が高いので「そこまでして彼女が欲しいと思わない」と思ってしまうのです

 

f:id:takatakijou:20190313163355j:plain

男性は生活満足度を下げたくない

f:id:takatakijou:20190323222314p:plain「最終的に彼女ができて100になるとしても、今の70が1度でも40に落ちるのは嫌。人によっては60でも嫌。70からコストなしリスクなし努力なしで100になるなら恋愛したい」

文字に起こしたらかなり酷いですが、あなたもこんなことを思っているでしょう。好きな女性がいても恋愛活動自体、趣味活動に使うお金や時間が減ってしまうので生活満足度が下がる。恋愛活動でプライドが傷ついても生活満足度が下がる。それなら恋愛活動はしない。

f:id:takatakijou:20190323222314p:plain「交際できたとしても、彼女が自分の生活や趣味に口出ししてきて、生活満足度が50に下がることがあるなら彼女は欲しくない」

彼女はあなたのママではないので、あなたの都合よくは付き合ってくれません。そんな女性は存在しないので、求めるぐらいなら恋愛しないほうがいいです。相手女性を不幸にします。

筆者は現在、結婚して赤子がいますが、交際以降の生活満足度は交際前よりも高いと感じています。もちろんストレスなことがあったり、自分の時間がもっと欲しかったりしますが、プラスと相殺しても十分にプラスです。ただし、筆者はそんな関係を築ける相手を選んだし、関係を築く努力はしています。

f:id:takatakijou:20190323222314p:plain「彼女がいなくても結婚してなくても別に不利益がない」

今や「男は結婚してないと一人前ではない」という風潮もなくなってきました。あなたの人生なので「親を安心させるために結婚」なんて考える必要はないと筆者も思います。でも本当に不利益がないでしょうか?

この先の生活満足度

あなたが40歳になって今の生活のままでも、生活満足度は変わらないでしょうか? 40歳でまだ彼女がいたことないし童貞。仕事も変わらず平社員や非正規。体力や意欲が落ちて以前のように趣味に没頭もできない。

みなさんの職場の40歳独身男性は、幸せそうでもないけどつらそうでもないように見えると思います。それは恋愛や結婚から解脱して悟りを開いているからです。あなたもそうなりますけどいいですか?

恋愛活動でそんなに生活満足度が下がるのか、といえば筆者はそうは思いませんでした。心的距離が縮まっていくのは「受けいれてもらえた」「こんな自分でも女性が応じてくれた」と嬉しいものですよ。そのためならお金も時間も不満なく使えますよ。

女性は「付き合う直前が恋愛で1番楽しい」と言ったりしますが、男性は多分1番苦しい人が多いと思います。苦しさを逃れるために早すぎる告白をしてしまうこともあります。失恋はつらいですが、男性のほうが立ち直りは早いです。だって好き候補の女性が他に何人もいますしできますから。

やっぱり彼女がいるほうが生活満足度は高いですよ。無趣味の男性でも性欲はありますから。

 

f:id:takatakijou:20190323223542p:plain

f:id:takatakijou:20190323222708p:plain「ハードルが低いなら恋愛してもいいけど……」

f:id:takatakijou:20190323222221p:plain「きっかけがあれば」「勝算があれば」

きっかけも勝算も自分が0から作るものです。自然発生はしないので待つのはやめましょう。

f:id:takatakijou:20190323222221p:plain「心の準備がまだできていない」

心の準備ができることは永遠にないです。恋愛って心臓バクバクしながら声をかけたり、電話をかけたりするんですよ。

f:id:takatakijou:20190323222314p:plain「相手が運命の人なら自然に惹かれあうのでは?」

知人・両親・親戚に出会い方を訊いてみてください。自然に惹かれあったり、ドラマチックな出会いをした人はほとんどいないです。

f:id:takatakijou:20190323222314p:plain「恋愛にはテクニックが必要だと言われると抵抗を感じる」「テクニックで好きにさせるのは不純ではないか」「恋愛のテクニックとはヤリチンが使うものではないか」

かといって女性を簡単に落とすテクは知りたいんでしょ? 就活で面接の練習や準備をするのと同じです。その努力をしない男性を女性は好きにならないですよ。

f:id:takatakijou:20190323222344p:plain「今の生活満足度を下げずに彼女を作れて、彼女との交際で生活満足度が落ちることがないなら、彼女を作りたい。できれば3・4人欲しい」

異世界に転生するしかないよね。

人間はしたくないことはしない

童貞良書『モテるマンガ』第5巻より。

モテるマンガ 5巻 (ヤングキングコミックス)

モテるマンガ 5巻 (ヤングキングコミックス)

 

(自分が上位になれるグループを探す話)
男「いやぁ参考になったな…!」
男「そうでござるな! サークルやスクールにも行くべきだと分かりましたな!」
男「そうですね…! パーティとかにも行ってみたいですね…!」
女多「だからお前たちはダメなんだ! お前たちはこの後! 決して! 一度も! 絶対! パーティーにもサークルにも勉強会にも行くことはなく! しばらくしてこの話も忘れ! ただいつもと変わらないモテない日々を繰り返すのみだ! これは読者も同じだ! この漫画を読んで『いつかパーティに行こう…!」』『オフ会とかも参加しないとなぁ…!」なんて考えるだけ考える! しかし! 数日後! いや数分後には! 『まぁまたいつか』なんて考え何もしないまま貴重な時間をムダにしていく! いやこの知識すら忘れているかもしれない! (略) なんにせよ大切なのは毎日繰り返すこと! そうすれば一つ一つの行動がどんなに弱くても最終的にお前は究極にモテていく!」

知識だけ身に付けても彼女はできないんですよ。「いつかやろう」と今始めないのも、本音は「そこまでしたくない」からです。今この記事を読んでいても、何もしないなら生活は何も変わらないですよ、この先ずっと。

過去記事『あなたが恋愛活動をしない理由』を参照。

 

f:id:takatakijou:20190323223110p:plain

「彼女が欲しいなら今すぐ鼻毛チェックしろ」

と言われてもあなたはしないでしょう。

f:id:takatakijou:20190323222755p:plain「俺は鼻毛なんか出てない」

f:id:takatakijou:20190323222755p:plain「鼻毛が出ていても彼女ができる」

f:id:takatakijou:20190323222755p:plain「分かってるけど面倒くさい」

仕事やスポーツなら努力するのに恋愛だとしたくない。「そこまでしたくない」と思っているうちはラッキーでも彼女はできないですよ。なぜいくら恋愛記事を読んでも意識が変わらないのか。

「意識を変えたら行動できる」のではなく、「行動したら意識が変わる」からです

だってここまで読んでもまだ「そこまでしたくない」でしょう? 立ち止まって考え続けるからしたくないんですよ。自分を説得しようとしないほうがいいです。恋愛するメリット・デメリットなんてどうでもいいんですよ。「俺は彼女が欲しい」でいいんです。行動しましょう。

 

男女差恋愛学『男性の恋愛 基本編』はこれで終わりです。読んでくださりありがとうございました。次回からはアプローチ編です。これからも筆者は一生懸命記事を書きますので、みなさんも行動して、意識を変えて、是非彼女を作ってください。

------------------------------------------------------

※男女差は当てはまらないことが大いにあります。

※書いてある通りにしても良い結果になるとは限りません。筆者は責任を負いません。

感想・ご意見をお待ちしております。このページ下部の「コメントを書く」かツイッター該当記事にコメント。もしくはメールでお送りください。takatakijou●outlook.com

男女差恋愛学の目次はこちら

【雑記】

 

 

 

で、

 

 

あなたは何も始めないんでしょ?

 

 

高田机上のTwitter https://twitter.com/takatakijou

f:id:takatakijou:20190313163709p:plain

なぜ「そこまでしたくない」と思ってしまうのか 1

男女差恋愛学77。男性の恋愛編。筆者は既婚男性。 

f:id:takatakijou:20190310163918p:plain

「めっちゃ彼女欲しい!!!」とあなたは言う。じゃあオシャレしたら? 美容院行けば? 合コン行けば? ペアーズやれば? あなたはこう言う。「そこまでしたくない」 男性の恋愛の1番の障害かもしれません。なぜそこまでしたくないのか。まずはプライドの問題からです。

童貞のプライドをシン・ゴジラで説明する

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

「花森大臣。いつでも射撃を開始できます」
「了解しました。総理、本当に始めますよ。いいですね」
「分かっている。やってくれ」

 

「アタッカー1、CP、巨大不明生物への射撃を開始せよ。射撃開始、繰り返す、射撃開始、送れ」
「CP、アタッカー1、了解、射撃する。目標正面、巨大不明生物頭部、距離300、発射用意」
「射撃待て! 射撃待て!」

「なぜ撃たないんだ?」

 

「目標周辺に人影を確認! 射線上に住民がいる!」
「まだ人がいる! 射撃の可否を問う!」
「まだ人がいる! 射撃の可否を問う!」
「まだ人がいる! 射撃の可否を問う!」

 

「人が残っています。射撃を開始して構いませんか?」
「総理。撃ちますか? いいですか? 総理!」
「中止だ! 攻撃中止! 自衛隊の弾を国民に向けることはできない!」
「アタッカー1、CP、攻撃中止、待機維持! 送れ」
「了解。射撃中止! 待機する!」

この状況を男性の恋愛に置き換えたら

ゴジラを倒す=彼女ができる

民間人が死ぬ=プライドが傷つく

民間人が死なずにゴジラを倒すのが理想。民間人が死んでゴジラを倒せないのが最悪。

民間人が死ぬけどゴジラを倒すのが、許せるか許せないかが男性によります。プライドが傷つくけど彼女ができる。つまりモテる努力や自分からアプローチをして、彼女を作るのを良しとするのか。それは現在の自分の否定になりますが、プライドが傷つくかどうかはその男性によります。

映画では民間人が死ぬのが絶対ダメという判断だったので、ゴジラを倒そうとしませんでした。民間人が死ぬかもしれない、という可能性がある時点で無理。総理大臣にとってはゴジラ被害で何万人も死ぬよりも、「お前が命令したから1人の民間人が死んだ」と言われるほうが(保身を含めて)嫌だったのです。

 

f:id:takatakijou:20190313163740p:plain

プライドが傷つかない恋愛はない

恋愛活動をしない男性は「プライドが傷つきたくないから」とは言いません。「どうせ無理」「恋愛に興味がない」「女性はイケメンが好き」と言って自分を納得させます。「傷つきやすい俺」というのは格好悪いからです。

プライドが傷つくことのない恋愛とはどんなものでしょうか。自分は努力せず、自分からアプローチせず、自分の好みの女性が自分を好きになってくれて、女性からアプローチや告白をしてくれて付き合う。そんな恋愛はないですよ

恋愛活動において傷つくことは避けられません。そんなに傷つくのが嫌ですか? それはそれで「心が弱い俺」を認めることになるのではないですか? 恋愛が成就するのは当たっても砕けない男性です。

「そこまでしないといけないなら彼女なんて欲しくない」「傷つくぐらいなら一生彼女なんていなくていい」とストレスなく思えるならいいですが、そこまで達観できないなら恋愛活動をしたほうがいいです。5年後に「あのときがんばっていれば」と思いそうならやるべきです。

自分の感情(プライド)と話し合わないようにしましょう。「やめておこう」「様子を見よう」みたいな結論になります。

f:id:takatakijou:20190131111057p:plain「妥協をしろと言うのか」

しろと言っています。童貞のプライドを捨てることが妥協と言うなら、彼女がいる男性はみんな妥協してますよ。本来はそこまでしたくなかったけど、やっぱりそこまでしないと彼女はできないよねという妥協です。原子力発電所はないほうがいいけど、やっぱりないと生活できないよねという妥協です。

みなさんはここまでの人生で、自分は妥協せずに彼女ができる人間ではない、ということはすでに分かっていると思います。これからの判断基準は「彼女ができることに近づくのか」です。「こんな服を着ていて彼女ができるのか」「こんな休日の過ごし方で彼女ができるのか」と自問してください。妥協してリア充みたいな人間になってください。

筆者もがんばらなければ妻と交際はできませんでした。妻は筆者を恋愛対象にはしていなかったからです。自然に惹かれあうことはなかったので、妥協して自分からアプローチして好きになってもらいました。

 

f:id:takatakijou:20190313165423p:plain

男性だけの会議をすると

恋愛とは別の話になりますが、男性だけの会議をすると発言する人としない人に分かれます。発言しない人は世界で1番無駄な時間を過ごします。もう発言する人だけで会議やってあとでペーパー配れよ。

発言する人は、自分の力を誇示したい、他者との競争に勝ちたい、出世したい、自己満足、などイキリ迷惑童貞に近い動機で発言します。

発言しない人は、ミスしたくない、ミスを見られたくない、競争したくない、評価されたくない、恥ずかしい、面倒、など地蔵童貞に近い動機で発言しません。

ちなみに女性だけの会議をすると、和やかなムードで意見を出し合い、すべての意見に「それも良いですよねー」と言って話が進みません。目標が「何かを決定すること」ではなく「対立しないこと」なのでこうなります。

 

長いので続きます。
次→

------------------------------------------------------

※男女差は当てはまらないことが大いにあります。

※書いてある通りにしても良い結果になるとは限りません。筆者は責任を負いません。

感想・ご意見をお待ちしております。このページ下部の「コメントを書く」かツイッター該当記事にコメント。もしくはメールでお送りください。takatakijou●outlook.com

男女差恋愛学の目次はこちら

【雑記】

高田机上のTwitter https://twitter.com/takatakijou

f:id:takatakijou:20190310163951p:plain