付き合うまでの4段階

男女差恋愛学14。男女共通。筆者は既婚男性。

f:id:takatakijou:20180531180811p:plain

男女が出逢ってから付き合うまでには4つの段階を踏みます。童貞はこれが分かっておらず、いきなり連絡先を訊いたり告白したりします。この段階は女性は大体分かっていますので、主に男性に向けてお送りします。

 


第1段階

書類選考

 

初対面。

第一印象の決定。

女性→男性は7秒。男性→女性は2秒。

第一印象のために十分な準備を。


第2段階

一次面接

 

知人・同僚段階。

挨拶や雑談ができる。

連絡先交換はまだ。

プライベートでは会わない。


第3段階

二次面接

 

友達段階。

2人で昼に会う。

連絡ではなく雑談のLINEができる。

プライベートで会える。


第4段階

最終面接

 

告白段階。

2人で夜に会ってお酒も飲む。

明らかに好意を示す。

ここで長引くと破綻。

 

ここでの段階とは「この人と付き合いたい」などという気持ちの段階ではなく、実際相手に許してもらえた行動の段階です女性が男性を好きになるのはこの4段階が必要です。審査に時間がかかりますし、むしろ慎重に時間をかけようとします。

第1段階

女性が初対面で見るのは人間性以前の「まともな人かどうか」です。就職試験でいえば履歴書だけの書類選考と同じです。道に迷って通りすがりの人に尋ねようとするとき、みなさんは声をかけやすい人を選ぶと思いますが、このときと同じです。判断するのはその人の外見と所作だけです

女性は7秒で「この人と話したくもない(生理的に無理)」が判断できます。「付き合いたい」はまだ判断できません。同性に対しても7秒でカースト位置と自分にとっての敵味方を判断します。

男性はどうしても性行為をしたいかどうかの審査をしてしまいます。2秒です顔1秒、体1秒その女性がどんな性格かは判断できませんが、性格は性行為したいかどうかにはあまり重要になりません。ただ、この審査をクリアできない女性を好きになることはまずありません。

男性は2秒で付き合いたいまでになりますが、女性は初対面でそこまでになることはまずありません。行けても好印象ぐらいまでです。ただし生理的に無理は決定できるし、間違うことはありません。

 

f:id:takatakijou:20180602225149p:plain

第2段階

挨拶や雑談が自然にできれば第2段階です。連絡先を知らなくてもいいし、プライベートで会ったことがなくてもいいです。それはまだ先です。会話を繰り返して相手のことを知ったり自分のことを知ってもらう段階です。立ち話でいいんです。

お互いに趣味や性格が合うかを検討します。もし合わなければ次の段階に行かなければいいだけです。でも男性は気が合うかよりも容姿が好みかで好きになるので、アプローチしている時点で結構付き合いたいです。でも結局気が合わないと交際が続かないです。

第2段階にすぐなれるのは同じ職場の同僚です。同じ職場の人に「お疲れ様です」と挨拶するのはできるでしょう。仕事の話なら世間話よりもしやすいです。

第3段階

話が弾んで「今度2人で会おう」ということになり、連絡先を交換して、2人で昼にデートをしたら第3段階です。最初は食事ではなく喫茶店とかで1時間ぐらい話すだけがいいと思います。デート以後は業務連絡ではない雑談のLINE を送り合いましょう。友達付き合いです。
2回目以降のデートは共通の趣味のことができればそれを。お互いが観たい映画とか、スポーツ観戦とか、本屋に行くのでもいいです。3~5回は昼デートをします。同僚同士で仕事帰りに会食して帰るなら別に夜でもいいです。
「付き合いたい」と思える相手でしたら、夜に会うデートをしてください。それが第4段階です。

第4段階

まず2人で夜にお酒を飲むデートを1回。そこで良いムードにできるかどうかを見極めます。2回目の夜デートで告白してください。もしできなかったら3回目がラストチャンスと思ってください。第4段階で長引くと「私と付き合う気はないのか」「私から告白するのを待っているのか」と受け取られ、付き合えなくなってしまいます。

なぜ第3段階で夜に会わないかというと、女性側に「もしかしてこのあとホテルに誘導されるのか」という不安を抱かせないためです。第4段階では「お酒を飲むし誘導しちゃうかもしれないけど会ってくれる?」というメッセージがこもっています。それでも会ってくれるということです。しかし1回目の夜デートで誘導しないことで、体目当てじゃないことを表明できます。

 

f:id:takatakijou:20180602224800p:plain

4段階と男女の好き度

 

男性

女性

第1段階

好き候補

観察中

第2段階

好き

気になる

第3段階

好き

好き候補

第4段階

好き

好き・告白待ち

男性は女性を容姿中心で好きになり、またそれは見極めるのは短時間で済むので好きになるまでが早いです。男性は好きになると、雑談、デート、付き合う、性行為、一気にすべて「したい」になります。女性は1個ずつ段階を踏みます。雑談をクリアしないと「デートしたい」になりません

得てして男性のアプローチや告白が早すぎます。自分はもう好きだからと第2段階で告白。女性からしたら「相手のことをよく知らないで告白するのは早計で信頼できない」「容姿だけ見て人間性を見ずに告白するのは私を大事にしてくれなさそう」と感じます。

この4段階をきっちり踏みましょう

男性は登山で走るようなことをしがちですが、一歩一歩堅実に歩いて進みましょう。デートや連絡先の前に、雑談です。最初の目標は「雑談が2・3分続く」にしましょう。「好きになってもらう」という意識だと相手女性からすると重いです。「もっと相手を知りたい」という意識で会話をしましょう。

どのタイミングで告白すべきかは、自分の気持ちで決めるのではなく、「2人で夜にお酒を飲むデートができたら」にします。相手が自分に対してここまで許してくれたら告白です。怖くて告白したくなくてもするんです。あらかじめ決めたシステムで告白するのがいいです

7秒で「生理的に無理」にされる男性

主な要因は身だしなみです。髪、眉、髭、服、靴、装飾品、持ち物。特に何も気を付けていないなら大体ダメです。顔のつくりでも人間性でもありません。身だしなみだけで「無理」にされるんですから、がんばるべきは身だしなみですよ。

7秒で無理と判断された男性は「7秒で人間の何が分かるというのか」という気持ちになると思いますが、大体分かります。就職面接でも入室から着席まで(7秒前後)で大体の合否が決まるという話もあります。特に女性は観察力と直感が優れており、男性よりも精度の高い判断力を持っています。そして第一印象が悪いとあとで覆ることはまずありません。
付き合いたいとは思えない男性に時間やコストをかけれません。就職試験でも応募者があまりに多い企業は書類選考でどんどん落とします。履歴書だけでその人のことが分かるなんてことはないですが、履歴書だけで興味を持てないなら落とします。応募者全員を面接はできません。

 

f:id:takatakijou:20180602225428p:plain

恋愛に必要なのは戦略です。今現在、あなたに第2段階が何人いますか? 第3段階が何人いますか?

-----------------------------------------------------

※男女差は当てはまらないことが大いにあります。

※書いてある通りにしても良い結果になるとは限りません。筆者は責任を負いません。

感想・ご意見をお待ちしております。このページ下部の「コメントを書く」かツイッター該当記事にコメント。もしくはメールでお送りください。takatakijou●outlook.com

男女差恋愛学の目次はこちら

【雑記】

セックスする ランク10
キスをする ランク9
異性として触れる ランク8
手を繋ぐ ランク7
横並びで座り、ちょっと触れる ランク6
2人でお酒を飲む ランク5
2人で食事をする(夜) ランク4
2人で食事をする(昼) ランク3
業務連絡ではないLINEをする ランク2
街で会ったら、会話をする ランク1
街で会ったら、挨拶程度はする ランク0

 まず、自分の今のランクが「最低でも」どこ以上か、ということを考えることが重要です。ここで調子に乗って「手くらい繋げる、と思うからランク7ね」というように過大評価をしてしまうと全てが破綻するので注意しましょう。分からなければランク0で構いません。

これが参考になるのはリア充。童貞はまずランク2で死ぬので、筆者はランク4までを詳しく書く予定です。

高田机上のTwitter https://twitter.com/takatakijou